2009年 10月 29日
大原橋
岡山県岡山市の近代建築その5

津山線玉柏駅から東へ進んでほどなく、旭川の広い河川敷が見えてきます。
ここに架けられている大原橋は、1連の鋼橋に9連の鉄筋コンクリートローゼ橋が連なる珍しい形式の橋として昭和17年に開通しました。
f0116479_20152181.jpg

三つの大きな川が南北に流れる岡山県には、戦前に架けられた橋が数多く残っており、その殆どは今も現役として使われています。これらの橋の多くは昭和9年の室戸台風の復興事業で架橋されたものです。この大原橋も一連の復興橋の一つとして6年の歳月を経て竣工しています。
f0116479_2027133.jpg

全長400メートルに及ぶ大きな橋です。川の東詰側に鋼製のトラス橋が1連、その先に9連の鉄筋コンクリートのアーチ橋が並びます。元々の計画では全ての区間が鋼橋となる予定でしたが、戦時下で鉄材を節約する必要から、このような組み合わせに修正されています。
f0116479_20171545.jpg

東側の1連はこの時代には一般的な鋼製のトラス橋です。同時期に県内各地で架橋された復興橋の多くもこの形式の物が主流でした。
f0116479_2026103.jpg

f0116479_20254426.jpg
f0116479_202506.jpg
f0116479_20251528.jpg

f0116479_2025575.jpg

f0116479_20262314.jpg

f0116479_20263596.jpg

f0116479_20264869.jpg

2連目からはコンクリートのアーチが並びます。
鉄筋コンクリートローゼ橋と呼ばれるこの形式の橋は昭和初期に長野県の技師によって開発されたアーチ橋の一種です。長野県以外にはこの岡山と四国で幾つかの橋が架けられましたが、全国的にはあまり普及せず、現存する橋もそれほど多くはありません。
f0116479_2040585.jpg

f0116479_20412165.jpg

f0116479_20413466.jpg

f0116479_20415017.jpg

f0116479_2042330.jpg

この形式の橋桁がこれだけ連続して並ぶのはこの大原橋以外には見られません。複雑に組み合った鋼材が織りなすトラス橋の構造美とはまた異なる、シンプルで流麗な曲線はコンクリート橋ならではの独特の美しさがあります。
f0116479_20423150.jpg

f0116479_20424512.jpg

f0116479_20425621.jpg
f0116479_2043966.jpg

数多く架けられた室戸台風の復興橋の中でも、この大原橋はとりわけ個性的な存在です。戦時の特殊事情による苦肉の策とは言え、開発間もない工法でこれだけの規模の架橋を実現させた技術力は高く評価されるものと思います。
f0116479_20421792.jpg


by sunshine-works | 2009-10-29 21:57 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/12217817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kawahath at 2013-03-30 21:48 x
牟佐の低地が水を被って帰宅出来ない時、旭川左岸を帰った思い出が懐かしい
Commented by sunshine-works at 2013-04-01 00:30
kawahathさん はじめまして。
この橋が架かる地点は河川敷が広く、景色の良い場所でした。
美しい橋を眺めながら延々と歩かれたのでしょうね。


<< 播磨の近代建築 補遺① ~播磨の橋~      津山線建部駅・玉柏駅 >>