2009年 10月 01日
旧三木鉄道の駅舎
三木の近代建築その1

近代建築Watch 播磨編の最後は三木市に残る近代建築を巡ります。
平成20年に惜しまれながら廃止されてしまった三木鉄道は、大正期に播磨の内陸部と臨海部を結ぶ路線として開設されました。民営の播州鉄道として発足したこの鉄道は、国鉄三木線として長く地域に親しまれた後、第3セクターの三木鉄道に引き継がれました。
今日(平成21年10月)現在、路線や駅舎の大半は撤去されてしまいましたが、いくつかの駅舎は今後の活用に向けて保存される事となりました。三木の近代建築巡りの初回は、播州鉄道開業当時の姿を留めたまま残される旧三木鉄道の駅舎を紹介します。
f0116479_2053968.jpg

保存される駅舎は石野駅、別所駅、終点駅の三木駅の3駅です。石野駅は大正12年、別所駅は大正5年、三木駅は大正6年に建てられています。
この3駅で一番西に位置する石野駅。畑の中にぽつんと建つ、小さな駅舎です。
f0116479_20532643.jpg

f0116479_20534130.jpg

f0116479_20541280.jpg

駅と言うより停車場と言った方が的確かもしれません。当然キオスクも公衆電話も販売機もありません。
f0116479_20545694.jpg

f0116479_20551351.jpg

f0116479_2056337.jpg

石野駅から東に2駅目が別所駅。石野駅とほぼ同一の造りです。
f0116479_20562641.jpg

f0116479_2056395.jpg

f0116479_20565479.jpg

f0116479_20571039.jpg

f0116479_20572636.jpg

終着の三木駅。さすがに終着駅だけあって本格的な駅施設を備えた大きな駅です。
f0116479_20585365.jpg

f0116479_20591389.jpg

f0116479_20592753.jpg

撮影時には線路の撤去が始まっていました。やがて撤去した線路跡には駅舎が曳屋で移築される事になります。
f0116479_2143397.jpg

f0116479_2145377.jpg

f0116479_2172975.jpg

f0116479_215613.jpg

移築される前の最後のホームの景色となります。
f0116479_2162147.jpg

f0116479_2163436.jpg

f0116479_2164775.jpg

f0116479_2171259.jpg

f0116479_218759.jpg

はたして、このレトロな構内風景は移築された後も保たれるのでしょうか。
f0116479_21112838.jpg

f0116479_21114356.jpg

f0116479_21115935.jpg

かつて沿線住民の生活を支えた地方鉄道は、財政難により今日その多くが廃線の危機を迎えています。
廃止されてしまった路線や駅舎が保存される例は少なく、ほとんどは取り壊されて道路に変わってしまいます。そのような中で、今回三木鉄道が試みるプランは、近代化遺産としての鉄道施設の活用事例として大いに期待できるものと思います。
f0116479_21331057.jpg


by sunshine-works | 2009-10-01 21:54 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/12042848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ちはろぐ〜建築研究ノート〜 at 2009-11-22 11:52
タイトル : これだけ残すんだったら、いっそのこと新築にしてくれ
・・・・ん?どこかで見たような。(2009年11月21日撮影) 三木駅です。 静かに次の活躍を待っているのかと思いきや、大改造ですか? ある程度耐用年数が過ぎて... more
Commented by ちはる at 2009-10-02 21:04 x
はじめまして。素敵な写真ですね。

さて、石野の駅舎ができたのは大正12年です。
播州鉄道が別所駅まで開通したのが大正5年ですが、当初石野は停車場で、駅舎はなかったようです。

三木駅の駅舎は既に曳き屋が終わっています。

>近代化遺産としての鉄道施設の活用事例として大いに期待できるものと思います。

ところがですね、リンク先の「基本計画案」は活用の肝心なところが検討されていないまま。(なんで移設しなければいけないんだか)
時間切れで一応検討委員会が終了しましたが、その結果とは異なる位置(高さ)への移設。
その先、どのように活用するのか具体的な計画もないまま第三セクターの清算期限のため工事を先行しているような感じです。

この状態から活用事例として参考になるだけのことができれば
大いに誇ることができるでしょう。
Commented by sunshine-works at 2009-10-03 01:18
ちはるさん はじめまして。
きっちり計画を詰めているものと思いきや、見切り発車の状態だったんですね。何とか無事に着地してくれる事を願います。
石野駅の事は不勉強でした。早速訂正させていただきます。
貴重な情報をありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
Commented by ちはる at 2009-11-22 11:55 x
旧三木駅の現在の様子をTBさせていただきました。
つたない文章と写真ですが、ご覧ください。
Commented by sunshine-works at 2009-11-23 00:17
ちはるさんこんばんは。
写真を拝見させていただきましたが、これでは曳家をした意味がないのと同じですね。いきあたりばったりで迷走しているのでしょうか?
この先どんな物が出来上がるのか、なんだかハラハラします。


<< 旧三木実科高等女学校校舎      旧牛窓簡易裁判所 >>