2009年 09月 27日
旧牛窓簡易裁判所
岡山県瀬戸内市の近代建築その4

牛窓の旧市街から岡山方面へ向かう県道脇に目を惹く建物が建っています。
現在、民族資料館に使われているこの建物は大正4年に牛窓簡易裁判所として建てられました。
f0116479_11252834.jpg

木造モルタル造、玄関のある中央部のみ2階建て、両翼に平屋部分が繋がります。
垂直ラインを強調したモダニズムの影響を感じさせるデザインです。
f0116479_11271928.jpg

この建物が建てられた当時、県東部の主要都市だった牛窓には幾つかの公共機関が置かれました。司法機関としては県内14箇所に設置された簡易裁判所の一つとしてこの牛窓簡易裁判所が開かれています。
f0116479_11292051.jpg

規模は小ぶりですが、庁舎らしい風格が伺える建物です。平面と直線を基本としたモダンなデザインに和風の屋根瓦の組み合わせが独特の雰囲気を醸しています。
f0116479_11464170.jpg

f0116479_11321153.jpg

f0116479_11293599.jpg

f0116479_1130416.jpg

f0116479_11325726.jpg

側面から海に面した建物東面に廻ります。玄関側とはだいぶ異なった雰囲気です。
f0116479_11361826.jpg

f0116479_11371693.jpg

f0116479_11373768.jpg

f0116479_11381354.jpg

f0116479_11391096.jpg

f0116479_11394334.jpg

この牛窓簡易裁判所は昭和63年に廃止されてしまいます。その後は民族資料館として利用されますが、現在は閉ざされたまま(事前に連絡すれば見学できるようです)となっています。
訪れる人もほとんどいなくなったこの建物は各部にひび割れや破損が目立ち、状態は芳しくありません。
内部には展示資料も飾られていますので早々には廃館の予定は無いと思いますが、すぐにも修繕が必要な状態です。
f0116479_11404988.jpg

f0116479_11412827.jpg

f0116479_11414523.jpg

戦前に建てられた司法機関の建物としては、旧控訴院や地方裁判所の幾つかが当時の姿のまま残されていますが、家裁、簡易裁判所の施設で現存しているものは多くはありません。
地方に残る裁判庁舎として貴重な存在であるこの建物を何とか残す手立てはないものでしょうか。
f0116479_11425459.jpg


by sunshine-works | 2009-09-27 11:53 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/12013844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧三木鉄道の駅舎      旧牛窓銀行本店 >>