2009年 09月 11日
長島愛生園旧本館(長島愛生園歴史館)
岡山県瀬戸内市の近代建築その1

岡山県の東部、瀬戸内海に面した瀬戸内市の沖には日生諸島から繋がる大小の島々が並んでいます。この島々の中で最も大きな島である長島には国立として初のハンセン病療養施設、長島愛生園が昭和5年に建てられました。事務館として俊工した旧本館は、現在この施設の歴史を伝える資料館として公開されています。
f0116479_1915772.jpg

全国に13か所設けられたハンセン病療養施設の中で、一番最初に建てられたのがこの愛生園でした。専ら収容患者達の手によって開拓された広大な敷地には、やがて入所者の増大に伴い様々な施設が建てられて行きました。この建物には園長室や事務室が置かれ、園の中枢となっていました。
f0116479_21263471.jpg

f0116479_21272173.jpg

昭和初期の病院建築に共通する雰囲気を持つ建物です。大きな玄関ポーチを備え、整然と縦長窓が並びます。2階建てで然程大きな建物ではないのですが、どっしりとして存在感があります。全面を覆う蔦草の為に、尚更重厚な印象となっています。
f0116479_212858100.jpg

f0116479_21274958.jpg

f0116479_21281262.jpg

中央からやや右に寄せて玄関が設けられています。建物の規模に比べて玄関の庇や柱はかなり大きく感じます。
f0116479_21295625.jpg

f0116479_21301997.jpg

f0116479_21305358.jpg

f0116479_21313765.jpg

f0116479_21311439.jpg

f0116479_21315645.jpg

f0116479_21324077.jpg

f0116479_21432827.jpg

玄関ホールに嵌められているステンドグラス。収容患者の立ち入り禁止区域だった管理施設は豪華な装飾や調度品が飾られていました。
f0116479_21331692.jpg

建物裏側です。階段室の縦長窓は竣工時のままのように思えます。
f0116479_2133335.jpg

f0116479_21335778.jpg

f0116479_2134155.jpg

f0116479_21343239.jpg

愛生園をはじめ、全国に建てられた13の施設は療養施設とは名ばかりで、実質は隔離施設でした。治療法が解明され、その後の関係者の努力で暗い過去は拭い去られようとしていますが、重い歴史を背負ったこの建物を残して行く意義は非常に大きなものだと思います。
f0116479_21345097.jpg


by sunshine-works | 2009-09-11 21:56 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/11914728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by levy at 2009-10-22 11:58 x
愛生園は「国内最初のハンセン病療養所」ではないですよ。
Commented by sunshine-works at 2009-10-25 10:27
levy 様こんにちは。
仰る通り、記述は誤りでした。愛生園のパンフレットに「初の国立療養所」と書いてありましたので「国立として最初」に訂正させていただきます。
ご指摘有難うございました。


<< 旧牛窓警察署本館      旧小野小学校講堂(小野市立好古館) >>