2009年 06月 28日
旧赤穂塩務局庁舎
赤穂の近代建築

兵庫県の最西部、赤穂は古来より塩の産地として知られた地でした。現在は赤穂市民族資料館として使われているこの建物は赤穂塩務局として明治41年に建てられました。
f0116479_21332060.jpg

明治38年に施行された塩専売法に伴い全国の塩産地に塩務局庁舎が建てられましたが、この建物は規模や豪華さに於いて、さすが大産地赤穂の庁舎と言った風格があります。木造下見板張、細部に和の意匠が混ざり合った偽洋風の建物です。
f0116479_21372558.jpg

f0116479_21374554.jpg

f0116479_21381594.jpg

f0116479_21383360.jpg

f0116479_21385231.jpg

f0116479_21392088.jpg

f0116479_21395049.jpg

f0116479_21401253.jpg

正面側の詳細をもう少し
f0116479_21533011.jpg

f0116479_21535026.jpg

f0116479_21543149.jpg

f0116479_21545277.jpg

ギリシア式のオーダー柱を配した玄関。窓のグリルも非常に手の込んだ物です。
f0116479_21445643.jpg

f0116479_21452179.jpg

f0116479_21454055.jpg

f0116479_214559100.jpg

f0116479_21461971.jpg

f0116479_21464897.jpg

f0116479_21471076.jpg

f0116479_21473318.jpg

f0116479_21524993.jpg

f0116479_214752100.jpg

f0116479_21481244.jpg

現在の入り口となっている右側玄関から中へ。館内は民族資料館として公開されています。
f0116479_2222763.jpg

f0116479_2224695.jpg

f0116479_223124.jpg

f0116479_2233011.jpg

f0116479_2235198.jpg

f0116479_2241292.jpg

f0116479_2243216.jpg

f0116479_2245180.jpg

f0116479_225183.jpg

f0116479_2254723.jpg

f0116479_2261341.jpg

f0116479_2264185.jpg

この建物に特徴的なのがハンマービームと呼ばれる構造です。壁から突き出た梁から伸びた桁材で上層の梁を支えます。
f0116479_2214425.jpg

f0116479_22142518.jpg

f0116479_2214455.jpg

建物裏手からの眺めです。
f0116479_22172291.jpg

f0116479_22174463.jpg

f0116479_2218523.jpg

本館の裏手には煉瓦の書庫と木造の塩倉庫も現存しています。
f0116479_22183449.jpg

f0116479_22185549.jpg

f0116479_22191651.jpg

f0116479_22193723.jpg

f0116479_2219557.jpg

f0116479_22201343.jpg

f0116479_22203376.jpg

全国の塩産地の中でも特上品だった赤穂の塩業も、やがて機械式製塩法の普及によってその地位は失われてしまいますが、今なお残るこの素晴らしい庁舎はかつてこの地が日本の製塩業の中心地だった事を後世に伝えています。
f0116479_23525597.jpg


by sunshine-works | 2009-06-28 23:52 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/11410991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 岡山の近代建築      旧龍野醤油醸造組合本館(うすく... >>