2009年 06月 08日
網干商工会館
姫路の近代建築その15

網干の中心部から西へ、揖保川沿いの通りに面してモダンな建物が見えてきます。この建物は網干商工同友会の施設として昭和15年に建てられました。
f0116479_19344433.jpg

一見すると見落としてしまいそうな建物ですが、タイルで飾られた柱や腰周りに貼られたスクラッチタイル、2階の丸窓、玄関上のバルコニー、側壁を覆う蔦、赤い瓦屋根等々、只ならぬ気配を感じさせる建物です。
窓枠はサッシに変えられていますが、その他各部はおそらく竣工時のまま、色褪せ加減がちょうど良い風合いを醸しています。
f0116479_19541277.jpg

f0116479_19542214.jpg

f0116479_19543326.jpg

f0116479_1954599.jpg

玄関の柱は全面にタイルが貼られています。
f0116479_1957136.jpg

f0116479_19572393.jpg

f0116479_1954478.jpg

f0116479_19573648.jpg

空襲の被害を受けなかった網干は古い町並みが戦後も残されました。都市化の波も緩やかだった為に町全体に古き時代の雰囲気が色濃く残っており、このような施設が現役で使われている事に何の不思議も感じさせません。
f0116479_1957474.jpg

1階正面外壁のスクラッチタイル
f0116479_2011114.jpg

壁面はびっしりと蔦で覆われています。特に北側は窓を塞ぐほどに茂っています。
f0116479_2072513.jpg

f0116479_2073626.jpg

f0116479_2075276.jpg

残念ながら中を見ることはできませんでした。ガラス漉しに内部を一枚。
f0116479_20264357.jpg

大都市でも地方都市でも、いわゆる「商工会」の建物は様々に意匠を凝らした物が多いようです。網干は然程大きな町ではなかったのですが、都会にひけを取らないこのモダンな商工会館が建った背景に当時の網干の勢いを感じます。
f0116479_20233336.jpg


by sunshine-works | 2009-06-08 21:11 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/11261586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 山陽本線市川橋梁      旧赤穂塩務局網干出張所 >>