2009年 05月 31日
ダイセル化学工業網干工場
姫路の近代建築その13

現在は工業用化成品を製造しているダイセル化学工業網干工場ですが、その始まりは日本セルロイド人造絹糸として設立された、日本のセルロイド製造の草分けとなる工場でした。今回は明治42年に操業開始したこの工場敷地内に残る工場開設当時の建物を紹介します。設計:設楽貞雄
f0116479_1321667.jpg

今日一般的にプラスチックと総称される合成樹脂は石油由来の製品が大多数を占めていますが、大正から昭和の半ば頃まではその役割の殆どをセルロイドが担っていました。
原料である樟脳の主生産地台湾を領土としていた日本はその優位性のもとにセルロイド製造業が発達し、最盛期には世界シェアの40%を占める大生産国となります。
f0116479_12505620.jpg

揖保川の河口の広大な敷地に建てられたこの工場内には創建当時の物と思われる工場建物、倉庫、汽罐室や事務館が多数確認できます。これらの殆どは耐火性を考慮して煉瓦で造られています。セルロイドはその製造過程のみならず製品自体も発火し易い特性がある為に厳重に防火対策が取られていましたが、それでも火事や爆発事故が多発したようです。
f0116479_1257387.jpg

f0116479_1258289.jpg

f0116479_12582972.jpg

f0116479_1259375.jpg

此等の古い建物の幾つかは閉鎖されています。窓は破れ、鉄部も腐食し今にも朽ちてしまいそうです。
f0116479_1315838.jpg

この工場を設計した設楽貞雄は独立して神戸に設計事務所を興し、関西中心に数々の作品を残しました。代表作の初代通天閣や神戸新開地の劇場「聚楽館」、多くの個人住宅、商業施設、事務所ビル、工場施設に至るまで非常に幅広いジャンルの建築設計を手掛けています。
f0116479_12594572.jpg

敷地の外縁部、煉瓦の高い煙突を持つ大きな建物が一際目に付きます。汽罐室(ボイラー室)、あるいは発電施設と思われます。同じく設楽貞雄が設計した日本毛織加古川工場にも良く似た建物が残っています。
f0116479_14272338.jpg

f0116479_13244350.jpg

f0116479_1325690.jpg

f0116479_13252656.jpg

f0116479_13255098.jpg

f0116479_13261198.jpg

大正8年、国内のセルロイド製造8社が合併し大日本セルロイド株式会社が発足します。日本セルロイド人造絹糸網干工場は新会社の大日本セルロイドの主力工場として、戦前戦後を通じて日本を代表する輸出品であったセルロイド加工品の根幹を支えて行きました。
f0116479_1429634.jpg

f0116479_14293152.jpg

かつて、様々な生活の場面に使われていたセルロイドはその後開発された様々な新素材に取って変わられ、今日使われているセルロイド製品は極僅かな物となってしまいました。隆盛を極めた各地のセルロイド工場もその後はプラスチックや他の化製品の製造ラインに転換されたり、廃止されて行きました。
この網干工場に残る創設時の建物の数々は、今日の化学工業の基礎を築いたセルロイド製造業の貴重な産業遺産となっています。
f0116479_1551399.jpg


by sunshine-works | 2009-05-31 15:16 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/11196357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧赤穂塩務局網干出張所      ダイセル異人館(旧日本セルロイ... >>