2009年 05月 27日
ダイセル異人館(旧日本セルロイド人造絹糸 技師住宅)2
姫路の近代建築その12

ダイセル化学網干工場敷地には前回紹介した建物の他に、もう1棟の旧外国人技師住宅が現存しています。
現在は衣掛クラブの名称で社員施設として使われているこの建物も工場設立時に建てられたものです。
f0116479_23514097.jpg

前回の建物と同様、深い軒を持つコロニアル風の洋館です。鮮やかなピンクで塗られている為に異なった印象に感じますが、基本的には共通したデザインの建物です。
f0116479_0114780.jpg

f0116479_0125611.jpg

f0116479_0253728.jpg

この建物も南面にピロティが設けられています。
f0116479_0175495.jpg

f0116479_0181128.jpg

f0116479_0182597.jpg

f0116479_0184145.jpg

広々とした芝生の庭からの眺め。日本とは思えない景色です。
f0116479_0214988.jpg

f0116479_0221045.jpg

f0116479_0222753.jpg

こちらは裏側の景色
f0116479_0232424.jpg

f0116479_0235288.jpg

f0116479_0422315.jpg

前回と今回にダイセル異人館として現存する2棟の洋館を紹介しましたが、この2棟に隣接して同じようなコロニアルスタイルの建物が1棟建っています。こちらについては案内板もなく詳細は不明です。同時期に建てられた住居あるいは事務館だったのでしょうか。
f0116479_0492680.jpg

f0116479_050624.jpg

f0116479_0505572.jpg

平屋建てで、屋根が和瓦で葺かれているのが他の2棟と異なりますが、南側に大きな庇を伸ばしたコロニアルスタイルは共通しています。
f0116479_0542859.jpg

f0116479_0545773.jpg

f0116479_0552130.jpg

f0116479_0555171.jpg

f0116479_057248.jpg

f0116479_0562477.jpg

f0116479_19382.jpg

f0116479_0573636.jpg

裏側には別棟が繋がっています。
f0116479_0584672.jpg

明治後期に開かれたこの工場により、それまで小さな漁港だった網干は工業都市として発展していきます。のどかな海辺に現れた最新式の工場建物や洋館群は網干の景色を一変させ、周辺の海岸部にはその後多くの企業が進出する事となります。次回は網干を大きく変えるきっかけとなったこの日本セルロイド人造絹糸の工場建物本体について紹介します。
f0116479_1494570.jpg


by sunshine-works | 2009-05-27 23:46 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/11170292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ダイセル化学工業網干工場      ダイセル異人館(旧日本セルロイ... >>