2009年 04月 27日
旧陸軍第10師団長官舎
姫路の近代建築その6

姫路に残る旧軍関連建物のもう一つが今回紹介する第10師団司令官舎です。旧師団司令部の隣に建てられたこの建物は現在カトリック淳心会の施設として使用されています。昭和4年築。
f0116479_2211393.jpg

第10師団の歴代司令官(通常は中将)の官舎として終戦まで使用されました。軍隊の官舎と聞けば無骨で重厚な建物を想像しますが、大きな屋根が特徴の非常にモダンな建物です。
f0116479_2212810.jpg

近郊住宅風でもあり、カントリーハウス的にも見えます。当時の先進高級住宅と言った趣の建物ですが、大きな庇を持つ正面側には公館らしさも窺えます。
f0116479_22125157.jpg

f0116479_22134727.jpg

f0116479_22221470.jpg

f0116479_22225748.jpg

側面から東側の庭へ回ってみます。大きな屋根は別の角度から見るとまた違った印象を受けます。
f0116479_22174080.jpg
f0116479_22151051.jpg

f0116479_22153845.jpg

f0116479_22163956.jpg

f0116479_2217628.jpg

f0116479_345347.jpg

大きな屋根裏の一部は部屋として使われています。とは言え小さな窓しかないので納戸か倉庫なのでしょうか。
f0116479_22144034.jpg

全周を取り巻く基礎の石貼部分。
緩やかにテーパーを描くラインや石の貼目の模様は姫路城の石垣を思わせます。
f0116479_22174842.jpg

f0116479_22181838.jpg

この屋根の折れ方も城郭を意識した物に思えてきます。
f0116479_2221853.jpg

f0116479_22212711.jpg

終戦により旧第10師団の施設はその役目を終えますが、この建物は進駐軍の宿舎として接収された後、教会施設として利用される事となります。
旧軍施設が民間利用される事例は多々ありますが、このような転用例は極めて珍しいケースかもしれません。
f0116479_2472895.jpg


by sunshine-works | 2009-04-27 03:35 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/10917079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧制姫路高校講堂      旧陸軍第10師団兵器庫 >>