2009年 03月 30日
キッコーマン高砂工場
高砂の近代建築その5

山陽電鉄高砂駅から西へ1駅、多くの工場が並ぶ荒井駅の南側に広がるキッコーマン高砂工場には昭和5年の創建時に建てられた工場施設が残っています。これら一連の建物は渡辺静の設計により建てられました。
f0116479_19454034.jpg

醤油の主産地千葉県野田市のトップメーカだったキッコーマンが全国規模の会社に発展する契機となったのがこの高砂工場の建設でした。薄口醤油中心の関西に関東の醤油会社として始めて進出を図った同工場は単一工場では日本一(世界一)の規模を誇る大工場で、全国展開を目指す同社の重要な生産拠点となりました。
f0116479_191302.jpg

敷地の中央に位置するこの建物は近年まで事務棟として使用されていました。
一見するとコンクリート建築に見えますが、モルタル壁の木造2階建。大正後期から昭和にかけて流行した表現主義によるデザインです。
f0116479_1944750.jpg

f0116479_1984951.jpg

古い歴史を誇る伝統産業の社屋ですが、古典様式ではなく当事の先進デザインで設計されました。社運を賭けた新鋭工場に相応しい洗練と重厚さを併せ持つスタイルです。
f0116479_19111629.jpg

f0116479_19115194.jpg

庇や窓台によって強調された水平方向のライン、左右非対称の建物配置、曲面で飾られる玄関周りの装飾、アクセント的に添えられた小さなアーチ窓等、工場事務所としてはかなり凝ったデザインです。
f0116479_19142584.jpg

f0116479_19135326.jpg

f0116479_1931267.jpg

f0116479_19303848.jpg

f0116479_1931859.jpg

f0116479_19315119.jpg

f0116479_19322674.jpg

f0116479_19331583.jpg

時代を感じさせる木製扉。玄関ポーチの表現も凝った造りです。
f0116479_19365275.jpg

f0116479_19362590.jpg

f0116479_19371664.jpg

f0116479_19373819.jpg

築後80年を経過したこの建物は随所に劣化が目立ちます。モルタルの罅割れや木部の腐食が進行しており、早急に補修が必要な状況です。現在空家となっているこの建物の今後は未定とのことでしたが、広い敷地の一角に移してでも保存活用を図る価値のある建物と思います。
f0116479_1947834.jpg


見学ルートの最初に案内される講堂。
f0116479_19421860.jpg

f0116479_19412573.jpg

この講堂も玄関の装飾に特色があります。
f0116479_19495486.jpg

f0116479_19501796.jpg

f0116479_19503494.jpg

この工場建物も創建時のものでしょう。多くの施設は段階的に取り壊され、新しい建物に建替えられています。
f0116479_19444792.jpg

門衛所と門柱も当時のままです。
f0116479_1944363.jpg

f0116479_19445884.jpg

f0116479_19455860.jpg

f0116479_1903513.jpg

今日程には発酵や醸造の仕組みが解明されていなかった当事、風土や水の異なる地での操業は大きな賭けでしたが、高砂工場の成功によって同社は全国規模の醤油製造会社となり、やがて総合食品会社へと発展していきます。今や世界的なブランドとなった同社の基盤を築いたのがこの工場でした。
f0116479_19463241.jpg


by sunshine-works | 2009-03-30 20:09 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/10667514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろ009 at 2009-03-30 23:56 x
出汐館といいキッコーマン高砂工場といい、高砂は凄いですね。先日、別府を探訪した際に高砂も少し歩きましたが、まだまだこのような凄い建築があるとは!キッコーマンは平日であれば予約して見学できるようなので、いずれ必ず再訪します。高砂シリーズ、まだ続きがあるのでしょうか?楽しみです。
Commented by sunshine-works at 2009-03-31 13:53
ひろ009さんコメントをありがとうございます。
播磨は都市部の神戸や大阪とはまた違う、個性的な建物が豊富で楽しませてくれます。近代産業遺産が充実しているのも工業都市ならではの特色ですね。高砂は次回の掲載で終了です。その次の姫路にも凄い物件がありますのでご期待ください。


<< 旧魚橋郵便局      出汐館 >>