2009年 02月 28日
旧日本毛織加古川工場6番倉庫
加古川の近代建築その5

前回紹介した日本毛織加古川工場の北側に広がる商業エリアに1棟の煉瓦建物が建っています。この建物は倉庫として同工場の開設時に建てられたものです。
f0116479_16521872.jpg

日本毛織加古川工場は明治32年の開設以来100年以上に亘り同社の主力工場として操業を続けていますが、段階的に隣の印南工場にラインが集約され、徐々にその規模を縮小してきました。跡地の再開発に伴って工場施設の多くは取り壊されてしまいましたが、この大きな建物だけは残されて「カラオケレンガ館」として利用されています。
f0116479_16525636.jpg

天井を高く取った3階建ての巨大な煉瓦倉庫です。コンクリート建築が普及する前の倉庫としては最大級の規模ではないでしょうか。開口部が少ない構造とは言え、内部空間を大きく取る必要のある倉庫では限界に近い大きさかもしれません。
f0116479_16541483.jpg

f0116479_16544955.jpg

f0116479_1655671.jpg

f0116479_16553173.jpg

倉庫だけに全く装飾要素はありません。玄関らしき物も無く、煉瓦壁に小さな窓が並ぶだけのシンプルなデザインですが、程よく風化した煉瓦の色合いが何とも言えない味わいを出しています。
f0116479_17101263.jpg

f0116479_17103483.jpg

f0116479_1711014.jpg

f0116479_17112746.jpg

3階の壁面に書かれている6の数字は6番倉庫を表しています。
この様な巨大な倉庫が多数並んでいた当時の眺めは、さぞや壮観だった事と思います。
f0116479_17115814.jpg

f0116479_17121672.jpg

f0116479_17123799.jpg

f0116479_17124812.jpg

建物内部の様子。コンクリートの柱で補強されています。改修時に加えられた物でしょうか。オリジナルの外観を保ちながら内側は大幅に改装されています。
f0116479_17194251.jpg

旧工場建物の再利用方としてこのような転用事例は他にも数多く見られます。使い勝手に難がありそうな煉瓦建物ですが、独特の雰囲気は商業施設には最適の様です。
f0116479_17372049.jpg


by sunshine-works | 2009-02-28 17:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/10457081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ニッケ社宅倶楽部      日本毛織加古川工場・印南工場 >>