2009年 01月 31日
旧小久保跨線橋
明石の近代建築その2

JR西明石駅北西の上ヶ池公園の片隅に一連のアーチ橋が置かれています。この橋は西明石駅の跨線橋だったものを当地に移設したものですが、元々は明治中期に架けられた九州鉄道の鉄道橋でした。
f0116479_1755312.jpg

昭和2年に九州から移設し跨線橋として平成6年まで使用され、新しい橋の架設に伴いこの公園に移されました。
f0116479_175754.jpg

橋の種類としてはボーストリングトラスと呼ばれる鋼橋で明治期に多く架けられた古いタイプの橋です。
九州鉄道(九州に最初に鉄道を敷設した私鉄で後に国営化)は明治20年代から30年代初期にドイツからこのタイプの橋を多数輸入し自社の路線に架設して行きました。この時に架けられた同社のボーストリングトラス橋の多くは九州鉄道での使命を終えた後も他所に移設され、様々な用途の橋として転用されます。100年以上を経た今日もこの橋の姉妹(兄弟)が各地に現存しています。
*詳細はこちらのサイトをご覧ください。
ドイツ ハーコート社製のこのタイプの橋は後進国でも技術的に対応出来る様に工法が工夫され、日本以外にも当時の発展途上国に数多く輸出されていたそうです。
f0116479_180389.jpg

f0116479_1801956.jpg

2連あった橋の1連が公園内の散策路の一部となっています。平地に設置され、もはや橋としては使われていません。
f0116479_182176.jpg

保護の為なのか安全の為なのか両サイドに手摺が付けられているのが目障りなところですが、鉄骨の質感とトラスの造形美に魅了されます。橋の細部をこれほど真近で観察出来る所はそうはありません。
f0116479_1832417.jpg

f0116479_1841321.jpg

f0116479_1845540.jpg

f0116479_1851777.jpg

f0116479_188918.jpg
f0116479_1883169.jpg

f0116479_188598.jpg

補修を施されているとは思いますが、明治中期の橋とは思えない良好な状態です。
f0116479_18558100.jpg

f0116479_187324.jpg

各部の接合にボルトとピンを多様しているのが特徴です。足元などは橋と言うより機械装置の様です。
f0116479_18101736.jpg

f0116479_18104259.jpg

f0116479_18111340.jpg

近代土木技術の発展によってこの形式の橋は廃れてしまいましたが、黎明期の地方鉄道を支え、その後も各地で生活に密接に結びついた橋として100年以上も現役を勤めた功績は多大なものがあります。
f0116479_1813357.jpg


by sunshine-works | 2009-01-31 18:52 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/10252532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 茨木酒造洋館      旧明石女子師範学校付属小学校 >>