2009年 01月 23日
福良警部派出所(旧福良警察署)
淡路島の近代建築その10

淡路島の南端、鳴門海峡に臨む福良の町は港を中心に発展した南部の中心地です。この福良の旧道に面して建つ警部派出所の建物は昭和3年に福良警察署の庁舎として建てられました。
f0116479_20152797.jpg

大きな島である淡路島には中心都市の洲本の他に幾つかの拠点となる町が栄えました。特に福良は四国を結ぶ交通の要として、また豊かな漁場を控えた漁港として発展し、古い町並みの中に民間企業や銀行の支店、県や国の行政機関等の近代建築が幾つも建てられていきました。
f0116479_201685.jpg

中心部からやや離れた場所の旧道沿いに位置します。比較的狭い前面道路ですが、昔は港や中心街から繫がる賑やかな通りだったと思われます。
f0116479_2023551.jpg

道路に面した建物正面。派手な意匠はありませんがこの時代の庁舎らしく玄関周りに凝った装飾が施されています。
f0116479_20241043.jpg

f0116479_20244874.jpg

f0116479_2025176.jpg

f0116479_20253784.jpg

f0116479_202639.jpg

f0116479_20263498.jpg

築後80年近く経過していますが、竣工当時の写真と見比べて見ても一部の窓が塞がれていたり窓枠がサッシに変わっている以外は外観に大きな改修は加えられていないようです。
f0116479_20274735.jpg

f0116479_20282639.jpg

玄関周り以外には3階窓上部のテラコッタ飾りと屋上の素焼瓦のパラペットをアクセントとしています。系統的にはスパニッシュ様式になるのでしょうか。警察署としては何ともユニークな建物です。
f0116479_2018173.jpg

f0116479_20271136.jpg

f0116479_20291611.jpg

裏側にあたる建物南側。こちらからの眺めはなおさら南欧色が濃く出ています。
f0116479_2038373.jpg
f0116479_20381990.jpg
f0116479_20382710.jpg
f0116479_20384555.jpg

警察庁舎はその威厳を示す目的もあって、どっしりとした重厚な建物が各地に建てられましたが近年その多くは建て替えや改装によって姿を消しています。兵庫県内でも戦前に建てられ今なお現役の警察庁舎はごく僅かとなってしまいました。
特殊な建物故に転用が難しいのでしょうが、個性を活かせばいろいろな使い方があるかもしれません。
f0116479_2039089.jpg


by sunshine-works | 2009-01-23 21:27 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/10196276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うずらまん at 2009-08-24 23:17 x
▼こんにちは。はじめまして。
 淡路島に昨日一昨日と遊びに行きました。行く前にこのblogを拝見していたので、福良に入った途端にこの旧福良警察署の建物が目の前に現れて感動しました。
 小さいですが本当に興味深い建物ですね。
Commented by sunshine-works at 2009-08-26 08:08
うずらまんさん、はじめまして。こんにちは。
この建物に漂う島の警察署らしいのどかな佇まいが素晴らしいです。然り気なくこの様な逸品が残っているのも淡路島の良いところですね。


<< 旧明石女子師範学校付属小学校      上田池堰堤 >>