2016年 08月 27日
旧小野小学校校舎
広島県神石高原町の近代建築その2

岡山県との県境近く、神石高原町小野地区に現在公民館として使われている旧校舎が残されています。
昭和4年、小野村立小野尋常小学校の校舎として建てられました。
f0116479_11015266.jpg

広い敷地に建つ下見板張りの木造平屋建。中央に玄関を構え、東西に長く建屋が延びます。
f0116479_11175226.jpg
f0116479_11075171.jpg

この小野小学校も前回紹介した坂瀬川小学校と同時期の明治6年設立と大変古い歴史があります。この校舎は昭和4年に当地に移築された際に新設されたものです。
f0116479_11142085.jpg
f0116479_11104935.jpg
f0116479_11162957.jpg
f0116479_11095210.jpg
f0116479_11131070.jpg

切妻屋根の庇を張り出す中央の玄関とその奥の入口周り。玄関の天井は格天井になっています。
f0116479_11091662.jpg
f0116479_11192706.jpg
f0116479_11195707.jpg
f0116479_11202044.jpg

建物裏側。当時のままの木製の窓枠が残ります。
f0116479_11214328.jpg
f0116479_11220186.jpg
f0116479_11225130.jpg


# by sunshine-works | 2016-08-27 23:57 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 20日
旧坂瀬川小学校校舎
広島県神石高原町の近代建築その1

福山から奥出雲へ至る東条街道を北へ。神石高原町坂瀬川集落の外れに古い木造建物が建っています。
この旧坂瀬川小学校は昭和59年に廃校となった後、30年を経た今も当時の姿で残っています。
f0116479_02222215.jpg


高台の端の藪に囲まれた敷地に建つ木造2階下見板張り。正面左側の玄関上部に切妻折屋根破風を立ち上げたモダンな造りです。
f0116479_02250567.jpg
f0116479_02254948.jpg
f0116479_02270988.jpg


傍らに立つ碑文に拠るとこの小学校の設立は明治6年。非常に歴史のある小学校だった様です。
意匠、仕様から察すると現存する校舎は初代のものではなく、大正後期から昭和初期の築かと思われます。
f0116479_02314824.jpg
f0116479_02323816.jpg
f0116479_02290086.jpg
f0116479_02333189.jpg

建物左に寄せて設けられた小さな玄関とファサード上部。
f0116479_02363785.jpg
f0116479_02371359.jpg


建物中程の見上げ。幾つかの窓はサッシに替えられています。
f0116479_02382690.jpg


校舎奥側から玄関方向。
f0116479_02385731.jpg
f0116479_02395792.jpg

裏側には木製の窓枠が残されています。
f0116479_02421925.jpg
f0116479_02430002.jpg


# by sunshine-works | 2016-08-20 23:57 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 13日
上下町の近代建築②
広島県府中市の近代建築その5


前回に続いて上下町の近代建築を紹介します。


交差点に建つ旧片野製パン所。一時期は食堂としても使われていました。
f0116479_14394866.jpg
f0116479_14223867.jpg
f0116479_14344342.jpg
f0116479_14335856.jpg
f0116479_14411986.jpg
f0116479_14383282.jpg
f0116479_14444763.jpg
f0116479_14361609.jpg

建物側面。間口はそこそこの幅がありますが、奥行きが非常に短い建物です。
f0116479_14421216.jpg

アーチで囲まれた玄関周り。
f0116479_14473066.jpg
f0116479_11045712.jpg
f0116479_11011032.jpg
f0116479_11054109.jpg


店内の様子。内部は良好に当時の状態を保っています。
f0116479_10592208.jpg
f0116479_10594835.jpg


片野製パン所から通りを挟んだ斜め向いに、望楼を乗せた白壁の建物が建っています。
この建物は明治12年に上下警察署として建てられました。
f0116479_10535393.jpg
f0116479_11025125.jpg


1階部分は大きく改装されていますが、2階の窓周りに儀洋風建築の趣を残します。
f0116479_11034969.jpg
f0116479_11074900.jpg


この二つの建物から翁座方向へ向かう途中で渡る翁橋。昭和12年架橋。
f0116479_16224851.jpg
f0116479_16232045.jpg
f0116479_16382686.jpg
f0116479_16432252.jpg
f0116479_16402270.jpg
f0116479_16260442.jpg


# by sunshine-works | 2016-08-13 16:46 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 06日
上下町の近代建築①
広島県府中市の近代建築その4

前回で上下町の翁座を紹介しましたが、上下町の中心部には他にも古い洋風建築が現存しています。
古い町並みに残るこれら近代建築の幾つかを今回と次回で紹介します。
f0116479_13311523.jpg


中心街の中ほど、屋根上に望楼を乗せた目を惹く建物が建てられています。元々は商家の金蔵として建てられたものですが、昭和26年に日本キリスト教団上下教会の建物として改装されました。
f0116479_14071502.jpg
f0116479_13374584.jpg

側面は当初の土蔵風の意匠が残りますが、正面は改装されて窓や玄関が設けられ、化粧タイルが貼られています。望楼は当初からのもので、上部の避雷針を利用して十字架が取り付けられています。
f0116479_14115466.jpg
f0116479_14140123.jpg
f0116479_14110624.jpg
f0116479_14054206.jpg
f0116479_14165506.jpg
f0116479_14164110.jpg
f0116479_16144378.jpg
f0116479_14161066.jpg
f0116479_14172331.jpg
f0116479_14173635.jpg

通りを西へ進んだ先に建つモダンな洋風建築。現在商工会館として使われているこの建物はかつて上下警察署の庁舎として建てられました。昭和5年築。
f0116479_15273719.jpg

コンクリート造に見えますが、木造2階建て切妻平入り造り。建築意匠についてはこちらに詳しい説明があります。
f0116479_15335483.jpg
f0116479_15342587.jpg

分厚いコンクリートで仕上げた玄関車寄せ。建物全体に当時流行のアールデコ様式をとり入れています。
f0116479_15494242.jpg
f0116479_15495927.jpg
f0116479_15501588.jpg
f0116479_15512219.jpg


# by sunshine-works | 2016-08-06 14:03 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)